staff blog

✊R+houseの4つのR✊

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

R+house 中津・行橋店では、

新型コロナウィルスの感染拡大防止の為

スタッフへのマスク着用を奨励しております。

 

モデルハウス、見学会会場のドアノブ、

手すりなどの消毒といった清掃強化を行っております。

 

会場入り口付近にアルコール消毒液を

設置しておりますのでご利用下さいませ。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

こんにちは。
R+house中津・行橋店のTODAです!

 

R+house(アールプラスハウス)・・・
そもそも家づくり業界において、「R」・「アール」がつく会社が多い、と思うのは僕だけでしょうか。

なので友人知人に「アール・・」と言いかけると、
「あー知って・・・え?ごめん。知らんわ・・」などと言われるのは、結構私の日常あるあるで、

「『R+house』っていうんだよ(・o・)」

って言うんですけど、
次に会った時には「アールなんとかだったよね」と、
結局「R」しか覚えててもらえなかったりします。

ということで、
「Rなんとか」をより理解していただくために、
「R+house」の「R」についてお話したいと思います。
(あれ?結局「R」の説明になってる・・・?)

■R+houseの4つの「R」

「R+house」とは次の4つのRから成り立っています。
—————————————
①ルールの「R」
②ルートの「R」
③Art(芸術)の「R」
④熱抵抗値の「R」
—————————————
ここではざっくりとお話しします。

①ルールの「R」
設計・仕様・工程をルール付けすることで、無駄を省きます。

設計・工程が長くなればなるほど良いものができる、というのは神話です。
効率化できる部分は効率化を行い、お客様にも現場にも、
できる限り負担をかけないようにしています。

②ルートの「R」
メーカー直の商流ルートで、高品質の部材を低価格で仕入れることができます。

・・というのは、まぁ、どちらかというと他業界でもあるある「R」かもしれません。
なのでここはサラっと。

③Art(芸術)の「R」
「art」の「R」なんてこじつけ・・なんて思っちゃダメです。
ここ大事です。子供の頃の純粋な心と大人の精神的余裕を持って受け入れてください。
高いデザイン性を確保するための「アトリエ建築家」と一緒にお家を建てることができるんですよ、と個人的には一番思います。
え。わくわくしませんか?建築家の先生が自分のためにお家をデザインしてくれるんですよ。
めっちゃ自慢したいわー。
と私は思います。

④熱抵抗値の「R」
高気密・高断熱で高い温熱環境を実現するための「R値」

すみません。詳しい説明は理系の方に譲ります。
あの・・えっと・・つまりはですね、
熱の伝わりにくい材料を使って、季節を問わず、
室内で快適に過ごすことができるようなお家づくりに「こだわってますよ」
ということなんです。
高気密・高断熱の住宅の場合、換気も必然的になってくるので、
室温のみならず空気も常にクリーンなものにすることができるんです。
その結果、アレルギーの緩和などのメリットもあったりするんです。

長くなりましたね。
読むの大変でした?

ほぉぉ(・o・)
と思えるような「R」があれば、
「R+house」のお家づくりとの相性は、きっと良いと思います😌

投稿をシェアする

TOP