中津で注文住宅を手がける阿部建設が永く快適に住める家づくりについてお話しします。

GRACE HOME 株式会社 阿部建設

MENU

TOP

家づくり勉強会のお知らせ

モデルハウス見学会

永く快適に住める家づくり

省エネ性能・耐久性・耐震性の高さにも注目

中津・豊前・宇佐で注文住宅を手がける「GRACE HOME(株式会社 阿部建設)」。当社がこだわっているのは秀逸な住宅デザインやコストパフォーマンスだけではありません。省エネ性能や耐久性、耐震性など住宅としての基本性能の高さもご注目いただきたいポイント。すべては、末永く快適に住める家づくりのための設計仕様です。

省エネ性能・耐久性・耐震性

省エネ住宅

省エネ住宅

地球温暖化対策の一環としてエネルギー政策に力を入れている日本政府は、2020の東京オリンピックが開催される年までに、「標準的な新築住宅でZEHの実現を目指す」と具体的な数値目標を掲げています。

このZEH(ゼッチ)とは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」のことで、住居の断熱性・省エネ性能を上げることで年間の一次消費エネルギー量の収支をプラスマイナス「ゼロ」にしようという取り組みです。

このZEHに対応した家づくりにいち早く取り組んできたのがGRACE HOME(株式会社 阿部建設)。国が定める厳しい省エネ基準を余裕でクリアする高気密・高断熱設計で、地球環境にも家計にもやさしい住まいを他に先駆けて実現しています。

長期的に見ればランニングコストに大きな差が

当社がご提案する省エネ住宅は、建物の高気密・高断熱化を推し進めることで、冷暖房機器に手を加えずにエネルギー消費量を抑えることを主眼としています。

つまり、住まいのエネルギー消費を根本から見直すことで、徹底した光熱費軽減を図るのも当社の手法。何十年とそこで暮らすことになる家だけに、省エネ対策がしっかり施された場合とそうでない場合とでは、長期的に見てランニングコストに大きな差が生じます。省エネ住宅をお考えなら、ぜひGRACE HOME(株式会社 阿部建設)にご用命ください。

高気密住宅

高気密住宅

住宅の省エネ化とは冷暖房効率を高める家づくりと言い換えてもよいでしょう。しかし、その実現のためには、屋外の気温がどう変化しようと、室内の温度を一定に保つ工夫が欠かせません。「高気密化」とはそのための技術と言えます。つまり「密閉性を高めた家」のことで、「すき間風の入らない家」と言えばわかりやすいかもしれません。

1㎡あたり「はがき1/3枚分」のすき間しかない家

この「密閉性」を示す指標に「C値」というものがありますが、これは建物1㎡あたりどれだけのすき間があるかを表したもの。たとえば、日本の温暖な地域では約30坪の平均的な家で「5」が適正値とされています。はがきサイズに換算して3枚+1/3枚分と表現すればイメージしやすいでしょう。これに対し、GRACE HOME(株式会社 阿部建設)が独自に定める基準では「0.5」が適正値で、一般的な住宅の約10倍も高気密であることがわかります。はがきサイズに換算するとなんと1㎡あたり1/3枚の小さなすき間しかないということになります。

高断熱住宅

高断熱住宅

住宅の省エネ性能を左右するもうひとつの要素が「高断熱化」。建物の外部と接する外壁や屋根、窓などを通じて熱が伝わらないよう遮断することで冷暖房の効率を上げる技術と言ってよいでしょう。この断熱性能がどの程度かを表す指標が「Q 値」と「UA値」と呼ばれるもので、前者は熱の逃げにくさを示す「熱損失係数」のこと。

一方、「UA値」は別名「外皮平均熱貫流率」と言うように、各部位から逃げる熱損失を合計し、外皮面積で割ったより厳密な指標です。どちらも数字が小さくなるほど断熱性が高いことを示しています。下は長期優良住宅基準とGRACE HOME(株式会社 阿部建設)が手がけた家の数値を比較したものですが、当社設計による家が基準値を大きく上回る性能を示しました。

Q値(熱損失係数) UA値(外皮平均熱貫流率)
長期優良住宅 2.7 0.87
一般的なZEH住宅 - 0.6
GRACE HOME標準住宅 1.9 0.56
快適性・健康生活にも貢献する高気密化

高気密化のメリットは省エネ化だけではありません。建物内の温度差がなくなるので冬場に生じやすい健康被害である「ヒートショック」の予防にもなります。また、窓や壁部分の結露が改善されるので、湿気がこもりにくくなり、カビやダニの発生も抑えられます。さらに、花粉やPM2.5 が室内に侵入しにくい、防音効果が期待できるといった利点もあります。

耐震住宅

耐震住宅

ここ数十年の間に、列島を襲った巨大地震の多くは震度6を超えるすさまじい揺れを伴っています。日本の家は、地震の揺れで倒壊するような脆弱な構造であってはいけません。GRACE HOME(株式会社 阿部建設)が手がける住まいは、阪神大震災、東日本大震災クラスの地震にもビクともしない耐震性を確保しています。

面で支えるR+houseの家は地震に強い

当社が採用しているR+houseの家づくりでは、独自の構造パネルで建物を面で支える「パネル工法」を導入しています。在来工法による一般の木造住宅とは異なり、柱や梁だけでなく壁と床が一体となった「面」で全体を支えるので、地震や風による外力を効果的に分散します。

地盤改良で対策はより万全に

R+houseの家づくりでは、地盤に孔(あな)を空け、砕石を詰め込んで石柱を形成する地盤改良工法「HySPEED(ハイスピード)工法」を採用。大きな揺れが生じても、内部の砕石層が柔軟に追従するので地盤の崩れを防ぎ、しかも、揺れそのものを減衰させる効果も高いので、物へのダメージを最小限にとどめます。また、土壌より水はけのよい砕石層の存在で、土地の液状化も効果的に防げます。