SDGs

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

グレースホームは、省エネルギー・高性能住宅の普及促進を通じて、
「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に貢献していきます。

持続可能な開発目標(SDGs)とは

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは
「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」 の略称です。

SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、
国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で 達成するために掲げた目標です。

・JAPAN SDGs Action Platform(外務省:外部リンク)
・持続可能な開発のための2030アジェンダと日本の取組(外務省国際協力局発行:PDF)

グレースホームは、この理念ならびに目標に賛同し、事業を通じてその実現に貢献していきます。お施主様やパートナー様、地域の皆様と協力しつつ、私たちにできることを考え、真摯に取り組んでいきます。

SDGsを構成する「世界を変えるための17の目標」

すべての人に健康と福祉を

すべての人に健康と福祉を

見えない所にこそ徹底的にこだわり、住む人が健康で安心安全に暮らす家。見た目がキレイだけの住宅ではなく、壁の中や使う建材も、自然素材のものを。
また、高気密・高断熱の住まいは、換気をしっかり行うことが出来るため、
クリーンな住環境を実現します。

エネルギーをみんなに
そしてクリーンに

省エネルギー住宅への取り組み。 「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、
高効率な設備システムの導入により、
室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、
再生可能エネルギーを導入することにより、
年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅を目指します。
グレースホームは、ZEH登録ビルダーです。

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

産業と技術革新の基盤をつくろう

産業と技術革新の基盤をつくろう

伝統技術を継承し、持続可能な高性能住宅の開発・普及。 グレースホームでは、現場監督だけでなく、施工を行う大工さんも、施工研修へ参加していただいております。
高気密・高断熱の住宅を作るには、技術が必要です。
より若い世代の技術者に、地域でトップクラスを誇る気密性能を継承していけるよう、尽力いたします。

住み続けられるまちづくり

省エネルギー住宅でまちをつくる。 一棟一棟は小さいけれど、地域に一棟ずつ増えることで、まちになります。
今を生きる私たちが、後世に残していける住み続けられるまちづくり。
安心・安全なまちづくりを進めていきます。

住み続けられるまちづくり

住宅業界としての責任を果たし、
社会の為に貢献します

私たちは、日々進化する住宅業界の中で、常に学びを忘れません。 そして、家づくりを通じて地域の皆様へセミナーや相談会を行い 家づくりを知ってもらうために伝え続けます。
家づくりは建てて終わりではありません。建ててからのアフターサポートも しっかりと行います。

住宅業界としての責任を果たし、社会の為に貢献します

住宅業界としての責任を果たし、社会の為に貢献します

私たちは、日々進化する住宅業界の中で、常に学びを忘れません。 そして、家づくりを通じて地域の皆様へセミナーや相談会を行い 家づくりを知ってもらうために伝え続けます。
家づくりは建てて終わりではありません。建ててからのアフターサポートも しっかりと行います。

社員みんなが働きやすい環境へ

性別や年齢にとらわれず、出来る人がフォローする。
フォローされた人は、次の機会にフォローする。
一人ひとりを尊重し、コミュニケーションを大切にします。

性別や年齢にとらわれず、出来る人がフォローする。
フォローされた人は、次の機会にフォローする。
一人ひとりを尊重し、コミュニケーションを大切にします。

社員みんなが働きやすい環境へ

社員みんなが働きやすい環境へ

TOP